01
代表の想い

入社1年目でなぜ店長を目指してほしいのか

入社1年目でなぜ店長を目指してほしいのか

まずは、店長職でピープルスキルを身につけてほしい

世の中にコミュニケーションなしで成立する仕事はほぼ皆無です。とくに“ピープルビジネス” と言われるフードサービスにおいては、コミュニケーションは誰もがおろそかにはできない必要不可欠なものです。私たちの求めるビジネスパーソン像は、店舗の顔となり、自分なりの方法で、直接お客様の満足を高めることができる人材。そして部下であるパートアルバイトに指導ができる人材です。そのため、将来管理職を目指しているという人にも、入社後はまず店長職を目指してもらいます。店長職こそが吉野家の原点。そこで学ぶスキルや経験こそが、吉野家で活躍するために必要なチカラを育てます。その礎となるものさえ身につけておけば、あとはそれぞれの専門領域の知識を学習するだけなのです。

新たなビジネスモデルの構築に挑戦中

私たちは、グループ経営理念である「For the People」の実現のため、飲食業を取り巻く変化に適応し、この先の未来に向けて新しいビジネスモデルを築き上げていかなくてはなりません。そのために、一人ひとりが変化への強い意志を持って、「飲食業の再定義」に挑戦しています。近年増えている外国籍社員の働き方に多様性を持たせるという取り組みも、そのひとつです。これからも皆様とともに歩み、ともに成長し、繁栄を分かち合っていきたいと考えています。

吉野家はがんばる人を見捨てない

社会人になって仕事をする上で、正直しんどいことはたくさんあると思います。しかし、吉野家はがんばればがんばった分だけ、必ずイイコトがある会社です。がんばる人を絶対に見捨てません。「飲食業の再定義」に向けた挑戦はまだまだ道半ば。私たちも、飲食業も、まだまだ発展途上です。すでに出来上がった業界や会社に進むより、つくり上げていく過程に参加したい人、自分なら何かを変えられるという人は是非とも入社してください。

吉野家はがんばる人を見捨てない

社会人になって仕事をする上で、正直しんどいことはたくさんあると思います。しかし、吉野家はがんばればがんばった分だけ、必ずイイコトがある会社です。がんばる人を絶対に見捨てません。「飲食業の再定義」に向けた挑戦はまだまだ道半ば。私たちも、飲食業も、まだまだ発展途上です。すでに出来上がった業界や会社に進むより、つくり上げていく過程に参加したい人、自分なら何かを変えられるという人は是非とも入社してください。

ともに変えましょう。ともに挑みましょう。そして、ともに未来をつくり上げましょう。